99chats.com
 
マニュアルコマンド

1. /login

あなたのオペレーターとしてのIDを認証するために使うコマンドです。ログイン情報は99チャットのチャットルームの「設定」リンクの下に設定されています。オペレーターとしてユーザー名とパスワードの設定をすると「/kick」や「/ban」など、多くの最新コントロールツールを使用することができるようになります。

構文:
/login <username> <password>

例:
/login admin qwerty123

2. /logout

オペレーターとしてログアウトするコマンドです。

構文:
/logout

3. /away

オンラインから退席中に状態を変更する時に使うコマンドです。また、チャットルームのGUIでも行うことができます。

構文:
/away

4. /online

退席中からオンラインに状態を変更する時に使うコマンドです。また、チャットルームのGUIでも行うことができます。

構文:
/online

5. /names

現在使用しているニックネームを表示させるコマンドです。

構文:
/names

6. /help

使用できるすべてのコマンドを表示させるコマンドです。

構文:
/help

7. /quit

チャットルームを終了させるコマンドです。

構文:
/quit

8. /kick

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。チャットルームからユーザーを退出させることができます。退出させられたユーザーはチャットルームに戻ることができます。このコマンドは通常警告の意味で使用されます。

構文:
/kick <nickname> [message]

例:
/kick spammer01
/kick spammer01 迷惑行為を行わないでください

9. /kickban

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。チャットルームからユーザーを退出させ再入場を禁止することができます。この禁止は永久的に働き、禁止されたユーザーのIPアドレスをブロックします。

構文:
/kickban <nickname> [message]

例:
/kickban spammer01
/kickban spammer01 あなたは迷惑行為のためチャットルーム使用を禁止させられました。

10. /ban

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。いくつかの指標(クライテリア)によってユーザーやグループを禁止することができます: ユーザーを以下のオプションにより禁止することできます: ニックネーム(特定ニックネームでのチャット利用不可)、 UID (特定UIDでのチャット利用不可)、, IPアドレス(特定IPアドレスでのチャット利用不可)、ホスト名(特定ホスト名でのチャット利用不可)

構文:
/ban <-n nickname | -u uid | -i ip_address | -h hostname>

例:
/ban -n abuser94
/ban -i 24.133.24.98

11. /banlist

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。現在の禁止ユーザーリストを閲覧できます。

構文:
/banlist

12. /unban

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。禁止ユーザーの解除を行えます。

構文:
/unban <-n nickname | -u uid | -i ip_address | -h hostname>

例:
/unban -n abuser94
/ban -i 24.133.24.98

13. /unbanall

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。 すべての禁止ユーザーの解除をします。

構文:
/unbanall

14. /whois

ユーザー接続データを表示させるコマンドです: IPアドレス、ホスト名、UID、エージェント(OSのタイプ)、使用可能状態(アイドリングか退席中の時間)、ユーザーが /mm のコマンドを利用していれば共有している情報

構文:
/whois <nickname>

例:
/whois abuser94

15. /ping

ユーザー間での接続速度を表示させるコマンドです。

構文:
/ping <nickname>

例:
/ping abuser94

16. /nick

チャットルームを閉じずにニックネームを変更するコマンドです。

構文:
/nick <nickname>

例:
/nick mynewnick

17. /op

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。 特定のユーザーにオペレーターとしての許可を与えるコマンドです。いったん許可を与えると、オペレーターとしてすべてのオペレーターコマンドを使用することができるようになります。

構文:
/op <nickname>

例:
/op abuser94

18. /deop

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。 オペレーター許可を与えられたユーザーからオペレーター許可を剥奪するコマンドです。

構文:
/deop <nickname>

例:
/deop abuser94

19. /topic

オペレーターとしての許可を持っているログイン済みのオペレーターかユーザーにのみ使用可能なコマンドです。 チャットルームのトピックを変更するコマンドです。ルーム作成のウェブ設定でも行えます。

構文:
/topic

例:
/topic チャットルームへようこそ!

20. /msg

チャット内の特定ユーザーにプレイベートメッセージを送れるコマンドです。メッセージを送った特定ユーザーが返答することで、新しいチャットタブが開きプレイベートでチャットができるようになります。

構文:
/msg <nickname> <message>

例:
/msg abuser94 さん こんにちは!

21. /ignore

特定ユーザーを無視するコマンドです。これにより特定ユーザーからのチャットをチャットルームに表示させなくします。またプレイベートチャットタブも開かなくさせます。同じ設定はチャットルームGUIからも行えます。

構文:
/ignore <nickname>

例:
/ignore abuser94

22. /unignore

特定ユーザーの無視を解除するコマンドです。このコマンドのためには /whois コマンドを行い、無視を解除したいユーザー名のUIDを知る必要があります。同じ設定はチャットルームGUIからも行えます。

構文:
/unignore <uid>

例:
/unignore 81.28.121.2@YTgswTWhs

23. /unignoreall

すべての無視ユーザー解除するコマンドです。無視ユーザーリストが解除され、チャットメッセージを送ることができるようになります。

構文:
/unignoreall

24. /ignorelist

無視ユーザーリストを表示させるコマンドです。

構文:
/ignorelist

25. /notify

新しいユーザーの接続や接続を閉じたなどの告知をONにするかOFFにするかのコマンドです。

構文:
/notify <on | off>

例:
/notify on
/notify off

26. /clear

チャットスクリーンに書かれているテキストメッセージを消去するコマンドです。

構文:
/clear

27. /mm

マイクロメッセージとしてあなたの紹介を48字以内で書くことができるコマンドです。チャットルームのすべてのユーザーは /whois のコマンドで閲覧可能になります。

構文:
/mm <message>

例:
/mm 青山 東京
/mm あのテレビ番組おもしろい!
English |  Español |  Français |  Italiano |  Deutsch |  Shqip |  日本語